テオティワカンの古代都市

テオティワカンの古代都市について

メキシコ・シティの北東約50kmに位置する古代都市遺跡。紀元前100年ごろから6世紀までメソアメリカで最大規模の都市として栄えたテオティワカン文明の痕跡を残す。
太陽と月のピラミッドや南北5kmにも及ぶ「死者の大通り」を起点に様々な施設が配置され、信仰の対象であるケツァルコアトルなどが祀られている。

概要

登録国 メキシコ
登録年 1987年
登録基準 (i)(ii)(iii)(iv)(vi)
分類 文化遺産
その他の特徴 古代都市

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

28件のコメント

この世界遺産に関するまとめ

  • ジョジョの奇妙な世界遺産

    長期に渡り連載が続く大人気漫画、「ジョジョの奇妙な冒険」ーー連載開始時には主人公がイギリス人という設定が衝撃でしたが...

    2019年04月10日
  • 本当に行くべきメキシコの世界遺産10

    日本から遠く、治安の悪いイメージでまだまだ日本人旅行者の少ないメキシコ。訪れても、メキシコシティ・カンクンしか行った...

    2017年11月23日