アブ・シンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群

アブ・シンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群について

エジプトのナイル川上流ヌビア地方にある遺跡群であり、古代エジプト新王国時代とプトレマイオス朝時代の建築物群。
1960年に始まったアスワン・ハイダム建設によってフィラエ島イシス神殿等、ナイル川流域の地ヌビア遺跡群が水没の危機にさらされることとなった。このため1960年にユネスコが国際協力を呼びかけ、その結果アブ・シンベル神殿やフィラエ島の遺跡などの移築工事が行われることとなった。
一連のヌビア水没遺跡救済キャンペーンが世界の遺産保護の気運を高めたのは明白であり、これによって後の世界遺産条約が誕生した。そういった意味でも記念碑的な遺跡である。

アブ・シンベル神殿

https://upload.si-p.net/img/1498806624_egypt-1789802_640.jpg
Abu Simbel
建築王と呼ばれたラメセス2世が作った神殿。
入り口には4体のラメセス2世像が建っている。神殿内部の壁にはエジプトがヒッタイトと戦ったカデシュの戦いでのラメセス2世が描かれている。
詳しく見る

アマダ神殿

https://upload.si-p.net/img/1501992162_アマダ神殿.jpg
Amada
トトメス4世の時代に完成した。
アスワンハイダム建設により高台に移築された。
詳しく見る

ワディエルセブア神殿

https://upload.si-p.net/img/1523470875_The_Wadi_es-Sebua_Temple_by_Dennis_G._Jarvis.jpg
Wadi Sebua
詳しく見る

カラブシャ神殿

https://upload.si-p.net/img/1501991550_カラブシャ神殿.jpg
Kalabsha
元々50mk程南に位置していたがアスワンハイダム建設の為に移築された。
詳しく見る

フィラエ神殿(アギルキア島)

https://upload.si-p.net/img/1501991068_フィラエ_神殿.jpg
Philae (Island of Agilkia)
女神イシスを祀る神殿。
水没してしまったフィラエ島にあったがアギルギア島に移築され、以来そこがフィラエ島と呼ばれるようになった。
詳しく見る

古王国と中王国の墓群

Old and Middle Kingdom Tombs
詳しく見る

エレファンティン の街と遺跡

https://upload.si-p.net/img/1523471030_Elephantine_05.jpeg
Ruins of town of Elephantine
エレファンティンはナイルにある細長い島
詳しく見る

採石場とオベリスク

Stone quarries and obelisk
詳しく見る

聖シメオン修道院

https://upload.si-p.net/img/1501992337_聖シメオン修道院.jpg
Monastery of St. Simeon
コプト教会の修道院跡
詳しく見る

イスラム墓地

Islamic Cemetery
詳しく見る

概要

登録国 エジプト
登録年 1979年
登録基準 (i)(iii)(vi)
分類 文化遺産
その他の特徴 その他宗教 / 古代都市

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

34件のコメント

この世界遺産に関するまとめ