サン・ミゲルの要塞都市とヘスス・デ・ナサレノ・デ・アトトニルコの聖地

サン・ミゲルの要塞都市とヘスス・デ・ナサレノ・デ・アトトニルコの聖地について

メキシコ中央高地、グアナフアト州の要塞都市サン・ミゲルとアトトニルコのキリスト教建造物群が登録範囲。
サン・ミゲル・デ・アジェンデはメキシコとアメリカを結び主に銀を運んだ「王の道」を守るために建設された要塞都市である。建物の多くはメキシコ・バロック様式で作られていた。
ナザレのイエスの聖地として知られるヘスス・デ・ナサレノ・デ・アトトニルコの聖地は、神父ルイス・フェリペ・ネリ・デ・アルファロが18世紀に建設したキリスト教会建造物群であり、「メキシコのシスティーナ礼拝堂」とも言われている。

サン・ミゲルの要塞都市

Protective town of San Miguel
詳しく見る

ヘスス・デ・ナサレノ・デ・アトトニルコの聖地

Sanctuary of Jesús Nazareno de Atotonilco
詳しく見る

概要

登録国 メキシコ
登録年 2008年
登録基準 (ii)(iv)
分類 文化遺産
その他の特徴 建築 / 旧市街・歴史地区

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

5件のコメント

この世界遺産に関するまとめ