古代都市チチェン・イッツァ

古代都市チチェン・イッツァについて

メキシコ東部・ユカタン半島先端部に近い北部平原のセノーテ(地下泉)の上に築かれた遺跡。
マヤ文明とトルテカの文化が融合し作られたピラミッド型の神殿、壁画、彫像が点在している。
象徴的にそびえるピラミッドエル・カスティーリョの上部にはククルカン神殿が築かれており、春分・秋分の年二回階段部分に蛇の形の影が浮かび上がる仕掛けは高度な天文学知識をうかがわせる。

概要

登録国 メキシコ
登録年 1988年
登録基準 (i)(ii)(iii)
分類 文化遺産
その他の特徴 壁画 / 古代都市 / 彫像

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

23件のコメント

この世界遺産に関するまとめ