オアハカ歴史地区とモンテ・アルバンの古代遺跡

オアハカ歴史地区とモンテ・アルバンの古代遺跡について

メキシコのオアハカ州の州都であり南シエラマドレ山脈の標高1,550メートルほどの高地に位置しているオアハカ。
モンテ=アルバンは、オアハカ市街の西方10km、盆地の山の頂上を平らにして築かれた紀元前500年頃〜後800年頃までの遺跡である。同じメキシコのテオティワカンとの交流の跡が伺える。

オアハカ歴史地区

https://upload.si-p.net/img/1503058546_オアハカ歴史地区_サント・ドミンゴ教会(1).jpg
Historic Centre of Oaxaca Municipality of Oaxaca, State of Oaxaca de Juarez,
詳しく見る

モンテ・アルバンの古代遺跡

https://upload.si-p.net/img/1503058591_モンテアルバンピラミッド(1).jpg
Archaeological Site of Monte Alban Municipalities of Oaxaca and Xoxocotlan, State of Oaxaca de Juarez,
詳しく見る

概要

登録国 メキシコ
登録年 1987年
登録基準 (i)(ii)(iii)(iv)
分類 文化遺産
その他の特徴 シリアルノミネーションサイト / 旧市街・歴史地区 / 古代都市

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

6件のコメント

この世界遺産に関するまとめ