ヴィエリチカ・ボフニア王立岩塩坑

ヴィエリチカ・ボフニア王立岩塩坑について

クラクフ南東の岩塩鉱山で、11世紀頃から岩塩の採掘が始められた地。
12世紀マツにはポーランド王のカジミエシュ2世がヴェエリチカの採掘剣を独占した。
坑道の最深部は地下375m、総延長は300kmにも及ぶ。坑内には岩塩層をくり抜き作られた礼拝堂があり、聖者像や祭壇など無数の岩塩彫刻で飾られている。地下にある聖キンガ礼拝堂には、岩塩で出来たシャンデリアや「最後の晩餐」のレリーフもある。
1978年に「ヴィエリチカの王立岩塩坑」の名称で世界で最初の12の遺産のひとつとして登録された記念すべき場所でもある。2013年にはボフニャの王立岩塩坑が追加され名称も変更となった。

ヴィエリチカ岩塩坑

https://upload.si-p.net/img/1507513450_wieliczka-mine.jpg
Salt Mine in Wieliczka
詳しく見る

ボフニア岩塩坑

Salt Mine in Bochnia
詳しく見る

ヴィエリチカ製塩所の館

Saltworks Castle in Wieliczka
詳しく見る

概要

登録国 ポーランド
登録年 1978年
登録基準 (iv)
分類 文化遺産
その他の特徴 シリアルノミネーションサイト / 鉱山

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

32件のコメント

この世界遺産に関するまとめ