クラクフ歴史地区

クラクフ歴史地区について

ポーランド南部マウォポルスカ県の県都であるクラクフの歴史地区。ウィーンやプラハと並んで中欧の文化、芸術、経済の中心地であった。
ヤギェウォ朝(1386~1572)時代には最盛期を迎え、ワルシャワに遷都されるまで同国首都として栄華を誇った。
ポーランド最古の大学ヤギェウォ大学、ゴシック様式の聖マリア教会、歴代ポーランド王の居城ヴァヴェル城といった歴史的建造物群が、第二次大戦の戦火を免れ現在も残っている。

概要

登録国 ポーランド
登録年 1978年
登録基準 (iv)
分類 文化遺産
その他の特徴 旧市街・歴史地区 / 城・宮殿

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

41件のコメント

この世界遺産に関するまとめ