リオ・プラタノ生物圏保護区

リオ・プラタノ生物圏保護区について

ホンジュラス北東部のプラタノ川流域に広がり、カリブ海に面した生物圏保護区。
同国最大の熱帯雨林であり、また変化に富んだ自然環境が見られる。
森林伐採や不法な開拓および道路建設などが行われ、1996〜2007年まで危機遺産リストに登録されていたが、リストを脱した後も再び危機が迫ったとして2011年からまた危機遺産入りとなってしまった。

概要

登録国 ホンジュラス
登録年 1982年
登録基準 (vii)(viii)(ix)(x)
分類 自然遺産
その他の特徴 危機遺産 / 森林 / 河川・湖

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

0件のコメント