聖地アヌラーダプラ

聖地アヌラーダプラについて

スリランカ・北中部州に位置する、紀元前5世紀から紀元11世紀の長きにわたって栄えたシンハラ王朝の都。
仏教都市として数多くの僧院・仏塔が建てられ、衰退後は密林に覆われた。
現在もこの地には、紀元前3世紀のイスルムニヤ精舎等の寺院や、半球形のドームで覆われたストゥーパ(仏塔)群などが残っている。

概要

登録国 スリランカ
登録年 1982年
登録基準 (ii)(iii)(vi)
分類 文化遺産
その他の特徴 仏教

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

5件のコメント