カイロ歴史地区

カイロ歴史地区について

エジプト・アラブ共和国の首都であり、7世紀にイスラーム勢力によって築かれた都市。
7世紀半ばにアムル・イブン・アルアースが築いたフスタートという軍事拠点が元になっており、10世紀にミスル・アル=カヒーラと名付けられた。この名が「カイロ」の語源である。
旧市街にはイスラーム教学の中心として千年以上の歴史を持つアズハル大学や、イブン・トゥールーンなど数百のモスクが集中しており、「1000のミナレットが立つ街」と称された。
南方にはサラディーンが築いた巨大な城塞跡等がある。

アル - フスタート

https://upload.si-p.net/img/1549996241_360px-Fostat-329.jpg
Al-Fustat
フスタートは7世紀に建設された町であり、アラブ人が統治し始めたエジプトで初の首都となった地。
現在はカイロ旧市街の一角を成している。
詳しく見る

イブン・トゥールーンのモスク

https://upload.si-p.net/img/1501993585_ibn-tulun-2.jpg
Mosque of Ahmed Ibn Tulun, The Citadel Area, The Fatimid Nucleus of Cairo, Necropolis
9世紀にトゥールーン朝の創始者アフマド・イブン・トゥールーンが建設した。
詳しく見る

Al-Imam ash-Shaf'i Necropolis

As-Sayyidah Nafisah Necropolis

Qayitbay Necropolis

概要

登録国 エジプト
登録年 1979年
登録基準 (i)(v)(vi)
分類 文化遺産
その他の特徴 シリアルノミネーションサイト / イスラム教 / 旧市街・歴史地区

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

24件のコメント

この世界遺産に関するまとめ

  • ジョジョの奇妙な世界遺産

    長期に渡り連載が続く大人気漫画、「ジョジョの奇妙な冒険」ーー連載開始時には主人公がイギリス人という設定が衝撃でしたが...

    2019年04月10日