中国南部のカルスト地帯

中国南部のカルスト地帯について

約55万㎢ともいわれ、世界最大級として知られる中国南部カルスト。中生代三畳紀より形成され続けているという。
2007年に石林(雲南省)、茘波(貴州省)、武隆(重慶市)の3ヵ所約480㎢が登録され、その後2014年に桂林(広西壮族自治区)の4ヵ所約500㎢が追加登録された。
塔状カルストや円錐カルスト、塔状カルスト、石柱カルスト、カルスト台地など多様性が特徴的である。

桂林カルスト-葡萄石林

Guilin Karst - Putao Fenling Karst Section
詳しく見る

桂林カルスト-漓江石林

Guilin Karst - Lijiang Fengcong Karst Section
詳しく見る

施秉カルスト

Shibing Karst
詳しく見る

金仏山カルスト

Jinfoshan Karst
詳しく見る

環江カルスト

Huanjiang Karst
詳しく見る

概要

登録国 中国
登録年 2007年
登録基準 (vii)(viii)
分類 自然遺産
その他の特徴 洞窟・カルスト

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

3件のコメント