聖書時代の遺丘群-メギド、ハツォル、ベエル・シェバ

聖書時代の遺丘群-メギド、ハツォル、ベエル・シェバについて

イスラエル国内に200程残るテル(墳丘)のうち、重要なメギド、ハツォル、べエル・シェバの3つが登録範囲。
これらはいずれも旧約聖書に登場することでも知られている。
また、古代の水利施設の遺構が発見されている。

テル・メギド

https://world-heritage.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/img/1493754876_img%252F1492712516_20531441638_d62e5983c9_c.jpg
Tel Megiddo Jezreel Valley, Israel
メギドの丘
新約聖書では「ハルマゲドンの」地として知られている
詳しく見る

テル・ハツォル

https://upload.si-p.net/img/1496304719_israel-tel.jpg
Tel Hazor Upper Galilee, Israel
ハツォルの丘
詳しく見る

テル・べエル・シェバ

https://upload.si-p.net/img/1496304271_beer.jpg
Tel Beer Sheba Southern district, Israel
詳しく見る

概要

登録国 イスラエル
登録年 2005年
登録基準 (ii)(iii)(iv)(vi)
分類 文化遺産
その他の特徴 古代都市 / 水利・灌漑

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

1件のコメント