テルアビブの白い都市――近代化運動 

テルアビブの白い都市――近代化運動 について

イスラエルにおいて最大の都市であり実質上の首都的機能を持つテルアビブ。
20世紀初頭から中頃にかけてイギリス統治家であったこのパレスチナの地に建設された街である。1948年にはイスラエルの独立がここで宣言された。
登録対象はホワイト・シティと称される現代的建築のビルや住宅群であり、バウハウス様式あるいはインターナショナル・スタイルで作られている。伝統、環境などと新しい街との調和がみられる好例である。

概要

登録国 イスラエル
登録年 2003年
登録基準 (ii)(iv)
分類 文化遺産
その他の特徴 建築

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

6件のコメント

この世界遺産に関するまとめ