マロティ‐ドラケンスバーグ公園

マロティ‐ドラケンスバーグ公園について

アフリカ大陸南部、マロティ‐ドラケンスバーグ山脈の自然と、壁画等に残る人類の痕跡が文化遺産として認められ複合遺産として登録された。
はじめ2000年に南アフリカの「ウクハランバ/ドラケンスバーグ公園」が登録されたが、2013年にレソトのセサバテーベ国立公園が追加登録された。レソトにとっては初の世界遺産である。
壁画はサン族によって4000年以上に渡って描かれたもので、3万5000点にものぼる。また、一帯はラムサール条約にも指定される湿地を含んでおり、絶滅危惧種の生息地ともなっている。

ウクハランバ・ドラケンスバーグ公園

uKhahlamba Drakensberg Park (South Africa)
詳しく見る

セサバテーベ国立公園

Sehlabathebe National Park (Lesotho)
詳しく見る

概要

登録国 レソト , 南アフリカ
登録年 2000年
登録基準 (i)(iii)(vii)(x)
分類 複合遺産
その他の特徴 トランスバウンダリーサイト / 壁画 / 国立公園 / 固有種 / 絶滅危惧種

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

0件のコメント