ルクセンブルク市:その古い街並みと要塞群

ルクセンブルク市:その古い街並みと要塞群について

ベネルクスの一角、ルクセンブルクの首都であるルクセンブルク市に残る歴史的な城壁と街並。
標高500mにあるこの街は欧州における要衝の地として城塞が築かれた。
ブルゴーニュ公国、ハプスブルク家、スペイン、フランスなどの支配が及ぶ中で城塞は改良が加えられ、現在の街並みと共にその姿を残している。

概要

登録国 ルクセンブルク
登録年 1994年
登録基準 (iv)
分類 文化遺産
その他の特徴 旧市街・歴史地区

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

28件のコメント