ウム・アル-ラサス(キャストロ・メファ)

ウム・アル-ラサス(キャストロ・メファ)について

ヨルダン中部、マダバ郡に位置する3世紀〜9世紀まで(ローマ時代からビザンチン時代を経てイスラム時代初期)の遺跡。
ローマ軍の駐留地として使われたのが街の起源とされている。
聖ステファン聖堂には保存状態のよいモザイク画の床などが残っている。

Castrum Jordan

Tower Jordan

概要

登録国 ヨルダン
登録年 2004年
登録基準 (i)(iv)(vi)
分類 文化遺産
その他の特徴 古代都市

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

2件のコメント