ポントカサステ水路橋と運河

ポントカサステ水路橋と運河について

ウェールズの北東に位置するスランゴスレン運河に設けられたポントカサステ水路橋は、19世紀初頭に完成した産業革命における驚異的な土木建築である。
このイギリスで最も高く長い水路橋は、著名な土木技師トマス・テルフォードの困難を克服するアイデアによって実現されたものである。世界各国の多くの事業に影響を与えたこの遺産は、当時の欧州の技術の集大成として世界遺産登録された。

概要

登録国 イギリス
登録年 2009年
登録基準 (i)(ii)(iv)
分類 文化遺産
その他の特徴 産業遺産 / 水利・灌漑

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

1件のコメント