ラバト:近代都市と歴史的都市が共存する首都

ラバト:近代都市と歴史的都市が共存する首都について

モロッコ北西の同国首都ラバトは、20世紀前半のフランス保護領時代に計画的に改造された、新市街と旧市街が一体となって独自の都市を作り上げた好例。
新市街はヨーロッパ的な建物、旧市街には12〜17世紀のイスラーム時代のマグレブの建物(ムワッヒド城壁など)が残っている。

Ville nouvelle, Qasba des Oudaïa, Jardin d'Essais, Médina, Remparts et portes almohades, Site archéologique du Chellah

Mosquée Hassanet mousolée Mohammed V

Quartier Habous de Diour Jamaâ

概要

登録国 モロッコ
登録年 2012年
登録基準 (ii)(iv)
分類 文化遺産
その他の特徴 シリアルノミネーションサイト / イスラム教 / 建築 / 旧市街・歴史地区

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

13件のコメント