マラケシュ旧市街

マラケシュ旧市街について

モロッコ中南部の中核都市マラケシュ。モロッコという国名はこの都市に由来している。
ベルベル語で「神の国」を意味するこの都市はムラービト朝時代に建設された。
クトゥビーヤ・モスクが象徴的にそびえ、他にもアグノー門やジャマーア・アル・フナー広場など数々の歴史的建造物群が残る。

旧市街とアグダル庭園

Médina et le jardin d'Agdal
詳しく見る

メナラ庭園

Jardin de la Menara
詳しく見る

概要

登録国 モロッコ
登録年 1985年
登録基準 (i)(ii)(iv)(v)
分類 文化遺産
その他の特徴 シリアルノミネーションサイト / イスラム教 / 旧市街・歴史地区

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

28件のコメント