キュー王立植物園

キュー王立植物園について

ロンドンの南西を流れるテムズ川の南岸に位置するキューの王宮植物園は、1759年にジョージ3世の母の名で作られた1k㎡以上にも及ぶ広大な植物園。
巨大なガラス温室であるパーム・ハウスはヴィクトリア朝時代のままの外観のまま今に伝わる。

概要

登録国 イギリス
登録年 2003年
登録基準 (ii)(iii)(iv)
分類 文化遺産
その他の特徴 文化的景観

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

12件のコメント