カンペチェ州、カラクムルの古代マヤ都市と熱帯保護林

カンペチェ州、カラクムルの古代マヤ都市と熱帯保護林について

メキシコ、ユカタン半島の付け根部分にあたるカンペチェ州に位置する古代マヤの遺跡と自然の複合遺産。
2002年に文化遺産としてカラクムル遺跡がまず世界遺産登録され、2014年には自然保護区も登録対象となり複合遺産となった。
カラクムル遺跡は6000以上もの建造物が残り、マヤ南部では最大級の都市遺跡である。
新たに登録された熱帯林にはメキシコに生息する霊長類、ネコ科のうちの多くが生息しており、中米における生物多様性の保存に重要な役割を果たしていると言える。

概要

登録国 メキシコ
登録年 2002年
登録基準 (i)(ii)(iii)(iv)(vi)(ix)(x)
分類 複合遺産
その他の特徴 森林 / 古代都市

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

0件のコメント