古代都市パレンケと国立公園

古代都市パレンケと国立公園について

パレンケは、メキシコ南東部のチアパス州のユカタン半島付け根部分にある、古代マヤの都市遺跡である。
スペイン人により発見されその後大規模な発掘調査が行われた。7世紀、パカル王時代の宮殿や神殿、ピラミッドなどが見つかっている。
ロケットに乗り操縦桿を握る人物に見えると話題になった石棺の浮き彫りはこの地のものである。

概要

登録国 メキシコ
登録年 1987年
登録基準 (i)(ii)(iii)(iv)
分類 文化遺産
その他の特徴 国立公園 / 古代都市

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

7件のコメント