バンディアガラの断崖(ドゴン人の地)

バンディアガラの断崖(ドゴン人の地)について

マリ中央部、ニジェール川流域の断崖に位置するドゴン族の集落。
14世紀にこの地に移り住んできたドゴン人の多くの集落が点在しており、現在でも25万もの人々が断崖や周辺に定住している。ドゴン族は独自の信仰を持ち、アンマという神を崇めていることで知られる。
サハラ砂漠の干ばつによるこの地への移住や、観光のための開発により、その伝統文化が失われつつある。

バンディアガラの断崖

https://upload.si-p.net/img/1501840439_bandiagara.jpg
La Falaise de Bandiagara
詳しく見る

ソンゴ村

https://upload.si-p.net/img/1501840154_songo.jpg
Village de Songo
詳しく見る

概要

登録国 マリ
登録年 1989年
登録基準 (v)(vii)
分類 複合遺産
その他の特徴 集落

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

0件のコメント