ワルシャワ歴史地区

ワルシャワ歴史地区について

ポーランドの首都ワルシャワ。
この街は第二次世界大戦で壊滅的な被害を受けたが、復興で街そのものが当時の記録(ベルナルド・ベロットが描いた街の風景画)を元に完全に再現された。
かつて地政学的なリスクによって、ポーランド分割による王国の消滅や他国からの侵略で幾度となく危機にさらされて来た経緯を持つ。
「再建された街」そのものが世界遺産になるのは例外中の例外であり、以後認められることは無いということになった。

概要

登録国 ポーランド
登録年 1980年
登録基準 (ii)(vi)
分類 文化遺産
その他の特徴 旧市街・歴史地区 / 戦争

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

26件のコメント