国境防備の町エルヴァスとその要塞群

国境防備の町エルヴァスとその要塞群について

ポルトガルとスペインの国境付近にある、歴史地区を含む城塞都市と周辺の星型要塞群。
ポルトガルの首都リスボンとスペインの首都マドリードの間に位置することで重要な防衛拠点となっていた。
スペインから独立を果たした17世紀から19世紀にかけて近代的築城技術で作られたものであり、空堀で防備された城塞としては世界最大規模を誇る。
また登録遺産にはアモレイラ水道橋も含まれている。

アモレイラの水道橋

https://upload.si-p.net/img/1502338922_アモレイラの水道橋.jpg
Amoreira Aqueduct
ベレンの塔を建てた建築家・フランシスコ=デ=アルダの設計により15〜17世紀に建てられたものであり、現在も稼働している。
詳しく見る

歴史地区

https://upload.si-p.net/img/1527670704_Elvas_September_2013-27.jpg
Historic Centre
ポルトガル王政復古戦争期に建造されたエルバスの歴史地区。
塁壁に囲まれ、歴史地区内には旧司教座聖堂やノッサ・セニョーラ・ダ・アスンサオン教会などや、軍事目的である兵舎群や火薬庫の建造物も多く残されている。
詳しく見る

サンタ・ルジア要塞と舗装道路

https://upload.si-p.net/img/1527670807_640px-Elvas-Forte_de_Santa_Luzia-02.jpg
Fort of Santa Luzia and the covered way
町の南東部に位置している1641年から1648年に建設された星の形をした要塞。
現在は軍事博物館として利用されており、この街や国防の歴史が展示されている。
詳しく見る

グラサ要塞

https://upload.si-p.net/img/1527671475_ForteGraca.jpeg
Fort of Garça
グラサ要塞(グラーサ要塞とも)は、エルヴァスの街近くの小高い丘の上に18世紀半ばに建設された星型要塞。
最近まで刑務所として使用されていた。
詳しく見る

サン・マメデ小要塞

Fortlet of São Mamede
19世紀初頭、ナポレオン・ボナパルトが率いるフランス帝国の勢力拡大に対する備えとして、建設された4つの小要塞の一つ。
小さな丘に建てられ、サンタ・ルジア要塞の南東の斜面を守るため、また倉庫として使用された。
詳しく見る

サン・ペドロ小要塞

https://upload.si-p.net/img/1527692675_Fortim.jpg
Fortlet of São Pedro
町の南方に建設された19世紀初頭の4つの小要塞の一つ。
詳しく見る

サン・ドミンゴス小要塞

https://upload.si-p.net/img/1527692651_dummy-2.jpg
Fortlet of São Domingos
19世紀初頭に建てられた。
町の西方に位置し、19世紀初頭に建てられた4つの小要塞の一つ。
詳しく見る

概要

登録国 ポルトガル
登録年 2012年
登録基準 (iv)
分類 文化遺産
その他の特徴 建築

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

5件のコメント

  • 2022年06月29日 22時47分

    mimoriyuki

    行った

    いいね! 0
  • 2019年05月18日 06時34分

    Satoshi Sudo

    2019年5月2日

    いいね! 0
  • 2018年06月30日 08時46分

    ジオ

    函館の五稜郭のような星形要塞はとっても興味深い!

    いいね! 1
  • 2018年06月03日 18時29分

    ゆう

    TBSの世界遺産を視聴。
    城壁の中に街がすっぽり入り街の外にも星型の要塞、難攻不落の城塞都市エルヴァスは空堀に囲まれた要塞としては世界最大級なんですね。
    防衛のためエルヴァスの入り口はたった3箇所のみで、現在でも車一台分が通れる道幅なんだとか。

    街には秘密の地下通路があってサンタ・ルジア要塞と繋がっているそうで、有事の際にはそこから大砲で敵を撃退したと。五稜郭と似た星型要塞は当時ヨーロッパで流行ったもの。死角を作らないためにあの形になったそう。

    いいね! 1
  • 2018年06月03日 13時07分

    木場絢香

    ナポレオンも撃退した強固な守りをもつ防御要塞ですね。

    いいね! 0