ギマランイス歴史地区

ギマランイス歴史地区について

ポルトガル北部、サンタ・カタリナ山脈の麓に開けた小都市ギラマンイス。
12世紀にポルトガルの初代国王となるアフォンソ・エンリケス(アフォンソ1世)が生誕した地である。ギマランイス城など60もの歴史的建造物が残る。
また、"ポルトガルここに誕生す"の文字がトウラル広場の壁に書かれていることで知られる。

概要

登録国 ポルトガル
登録年 2001年
登録基準 (ii)(iii)(iv)
分類 文化遺産
その他の特徴 旧市街・歴史地区 / 城・宮殿

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

6件のコメント