海事都市グリニッジ

海事都市グリニッジについて

グレートブリテン島南部、テムズ川の河港として発展した都市グリニッジ。
経度0度の子午線が通る場所として、また有名なグリニッジ天文台のある場所として知られている。
この天文台で観測された恒星図を元にイギリスの位置・時間が定められた。
他にも国立海事博物館や旧王立天文台等が建築当時のまま残っており、これら建造物群と公園は17~18世紀のイギリスの芸術上・科学上の寄与を今に伝えるものとして貴重である。

概要

登録国 イギリス
登録年 1997年
登録基準 (i)(ii)(iv)(vi)
分類 文化遺産
その他の特徴 建築

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

43件のコメント