サン・ルイス歴史地区

サン・ルイス歴史地区について

ブラジル北東部に位置するサンルイス歴史地区であり、かつて砂糖や綿花の貿易港として栄えた。
この地はブラジルで唯一フランス人が建設した街である。その後オランダやポルトガルなど支配を変えたことでも知られる。
中心部には、当初の基盤目模様の街路設計が完全な形で残されている。20世紀初期に経済不況が起こったため多数の歴史的建造物が生き残っている。

概要

登録国 ブラジル
登録年 1997年
登録基準 (iii)(iv)(v)
分類 文化遺産
その他の特徴 旧市街・歴史地区

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

2件のコメント

  • 2020年10月04日 18時04分

    Koji I

    サンルイス大好きです。ブンバメウボイ祭りの時期が最高に楽しいです。

    いいね! 0
  • 2020年08月18日 00時28分

    アルンコ

    2014年
    日曜日は街から人がいなくなるので恐い

    いいね! 0