シャンパーニュの丘陵、メゾンとカーヴ

シャンパーニュの丘陵、メゾンとカーヴについて

フランス北東部、シャンパーニュ地方は17〜19世紀にボトルの中で二次発酵させるスパークリングワイン(シャンパン)の生産方法が開発・確立された土地として世界的に有名。
ブドウ畑をはじめとして家屋や地下貯蔵庫等、ワインの生産から流通までを担う機能を持った周辺地域が独特な農工業景観を形成している。

Coteaux d’Hautvillers

Caves coopératives d’Hautvillers - Underground

Cave Thomas - Underground

Coteaux d’Aÿ

Cave d’Aÿ - Underground

Coteaux de Mareuil-sur- d’Aÿ

Cave de Mareuil-sur- d’Aÿ - Underground

Colline Saint-Nicaise

Caves Pommery, Ruinart, Veuve-Cliquot, Charles Heidsieck - Underground

Caves Taittinger - Underground

Caves Martel - Underground

Avenue de Champagne

Fort Chabrol

シャンパンの研究所
詳しく見る

Caves de l’avenue de Champagne - Underground

概要

登録国 フランス
登録年 2015年
登録基準 (iii)(iv)(vi)
分類 文化遺産
その他の特徴 シリアルノミネーションサイト / 文化的景観 / 農業

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

6件のコメント