アントウェルペンの聖母大聖堂

アントウェルペンの聖母大聖堂について

Onze-Lieve-Vrouwekathedraal Antwerpen, Handschoenmarkt, Antwerpen, Flanders, Belgium
英名:Antwerp Cathedral of Our Lady
ベルギーのアントウェルペン(アントワープ)にあるノートルダム大聖堂は、1352年から170年に渡り建てられたゴシック様式の聖堂。塔の高さが123mあるベルギー最大の教会である。
フランダースの犬の舞台としても知られ、主人公ネロが憧れたルーベンスの絵画が飾られている。

概要

所属世界遺産名 ベルギーとフランスの鐘楼群
登録国 ベルギー
登録年 1999年

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

1件のコメント

  • 2017年10月20日 16時20分

    ジオ

    この大聖堂前のハトはヨーロッパの他の都市のどのハトよりも大きかったのを覚えている。

    いいね! 0