モン・サン・ミシェルとその湾

モン・サン・ミシェルとその湾について

ノルマンディー地方コタンタン半島にある小島に建造されたベネディクト会の修道院などの建物が築かれた聖なる山。
ノルマンディー公リシャール1世がこの地に作らせた修道院はノルマンディー・ロマネスク建築の代表建築といわれている。
他国が攻めてくるのを防ぐために要塞として使われた過去を持つ。
モンサンミッシェルは1979年に世界遺産登録され、2007年には緩衝地帯が拡大された。

Le Mont Saint-Michel et sa baie La Manche and Ille-et-Vilaine, Basse-Normandie, Bretagne, France

Ancien moulin de Moidrey Comunes of Beauvoir and Pontorson, La Manche, Basse-Normandie, France

概要

登録国 フランス
登録年 1979年
登録基準 (i)(iii)(vi)
分類 文化遺産
その他の特徴 シリアルノミネーションサイト / キリスト教 / 建築

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

51件のコメント

この世界遺産に関するまとめ