パナマ・ビエホ古代遺跡とパナマの歴史地区

パナマ・ビエホ古代遺跡とパナマの歴史地区について

パナマはスペイン人によって征服された、太平洋岸における最初の植民地である。
1671年にイギリスの海賊ヘンリー・モーガンによって街は破壊され、その一帯が「パナマ・ビエホ」(古いパナマ)と呼ばれることになった。
その後少し離れた場所に再建され発展した新しいパナマの歴史地区は、パナマ・シティの中心部に位置し、建造物はスペイン、フランス及び原住民の諸様式の混合で作られた。
コロニアル風の大聖堂や広場、修道院等が残っている。

パナマ歴史地区

Historic District of Panamá, with the Salón Bolivar Panama
17世紀以降建設されたパナマ市街の歴史地区
詳しく見る

パナマ・ビエホ考古遺跡

https://upload.si-p.net/img/1503377676_パナマ・ビエホ_panama.jpg
Archaeological Site of Panamá Viejo Panama
17世紀に滅ぼされた「古いパナマ」の遺跡
詳しく見る

概要

登録国 パナマ
登録年 1997年
登録基準 (ii)(iv)(vi)
分類 文化遺産
その他の特徴 シリアルノミネーションサイト / 旧市街・歴史地区

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

2件のコメント