ストーンヘンジ、エイヴベリーの巨石遺跡と関連遺跡群

ストーンヘンジ、エイヴベリーの巨石遺跡と関連遺跡群について

イングランド南部ソールズベリー平原にある、ストーンサークル(環状列石)の巨石遺跡。
ブルー・ストーンの名で呼ばれる青みがかった立石や、トリリトン(三石塔)を配置したものなど、主に3つの時期にいくつかのタイプのサークルが作られた。古くは紀元前3100年からのものがみられ、新しいものでも前1100年頃のものである。
建設目的は宗教儀式の場、墓、天文台など諸説ありはっきりとは解明されていない。
1986年に世界遺産登録され2008年に登録範囲が変更された。

ストーンヘンジと関連する記念建造物群

Stonehenge and Associated Monuments Wiltshire, England, United Kingdom of Great Britain and Northern Irela
詳しく見る

エーヴベリーと関連する記念建造物群

Avebury and Associated Monuments Wiltshire, England, United Kingdom of Great Britain and Northern Irela
詳しく見る

概要

登録国 イギリス
登録年 1986年
登録基準 (i)(ii)(iii)
分類 文化遺産
その他の特徴 シリアルノミネーションサイト / 先史時代

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

57件のコメント