カルアトル・バーレーン:古代の港とディルムンの首都

カルアトル・バーレーン:古代の港とディルムンの首都について

バーレーン北部に位置するカルアトル・バーレーン(カルアト・アル-バフレーン)は、バーレーン要塞とも呼ばれるディルムン文明の遺跡である。
先人の丘状の居住地として使用されていたいわゆるテル(遺丘)であり、カルアト・アル-バフレーン。この地層には、紀元前2,300年代から16世紀までの遺跡が残されている。
全体の約4分の1しか発掘されていないが、その遺跡からは、居住区や商業地域、宗教施設、軍の施設などが見つかっている。

概要

登録国 バーレーン
登録年 2005年
登録基準 (ii)(iii)(iv)
分類 文化遺産
その他の特徴 古代都市

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

3件のコメント