サント・ドミンゴ植民都市

サント・ドミンゴ植民都市について

ドミニカ共和国のイスパニョーラ島南部にいちする、同国首都のサントドミンゴ。
この地はコロンブスらが建設した新世界最古の植民地の為の拠点である。スペイン人らはここからアメリカ大陸本土を征服する足がかりにした。
また新大陸で最初に大聖堂や修道院、大学、病院(サン・ニコラス・デ・バリ病院)が建設され、貨幣が使用された。

概要

登録国 ドミニカ共和国
登録年 1990年
登録基準 (ii)(iv)(vi)
分類 文化遺産
その他の特徴 建築

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

1件のコメント