フェルクリンゲン製鉄所

フェルクリンゲン製鉄所について

ドイツ西部、フランスとの国境近くザール川に面するフェルクリンゲンにある6haもの広大な製鉄所。
宰相ビスマルクが推進した富国強兵政策のために、19~20世紀にかけて、西欧と北米に鉄を供給し続け、また革新的な生産技術の開発も行った。
現在は既に生産を中止したが、施設はほぼ完全な形で残されている。

概要

登録国 ドイツ
登録年 1994年
登録基準 (ii)(iv)
分類 文化遺産
その他の特徴 産業遺産

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

4件のコメント

  • 2020年08月10日 12時46分

    じん

    2008年訪問。

    いいね! 0
  • 2020年06月03日 05時30分

    hy1012

    H20

    いいね! 0
  • 2019年01月02日 19時06分

    SY

    隅から隅まで見学できる

    いいね! 0
  • 2017年10月11日 11時25分

    ジオ

    約100年に渡ってドイツ経済を支えてきた製鉄所。ロレーヌの鉄鉱石とザールの炭田。この工場維持するのも大変だと思う。

    いいね! 0

この世界遺産に関するまとめ