マウルブロンの修道院群

マウルブロンの修道院群について

ドイツ南西部、バーデン=ヴュルテンベルク州に残るマウルブロン修道院と関連施設。
ドイツで初めてのシトー会修道院として知られる。
ヘルマン・ヘッセはこの地で学んでおり、彼のの自伝的小説『車輪の下』の舞台でもある。

概要

登録国 ドイツ
登録年 1993年
登録基準 (ii)(iv)
分類 文化遺産
その他の特徴 キリスト教 / 建築

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

2件のコメント