ヴィースの巡礼教会

ヴィースの巡礼教会について

ドイツのバイエルン州の村ヴィースにある丘の上に建てられたロココ様式の聖堂。
18世紀、この地でキリスト像が涙を流したいわゆる「ヴィースの奇跡」が起こったことをきっかけにヨハン・バプティストとドミニクス・ツィンマーマンによって建てられた。
奇跡を起こしたとされる木彫りのキリスト像が今も祀られている。

概要

登録国 ドイツ
登録年 1983年
登録基準 (i)(iii)
分類 文化遺産
その他の特徴 キリスト教 / 彫像

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

34件のコメント