ヴュルツブルクの司教館と庭園群

ヴュルツブルクの司教館と庭園群について

ドイツのバイエルン州に位置するヴァルツブルクは、11世紀頃から司教領として栄えた都市である。
18世紀に司教となったシェーンボルン伯ヨハン・フィリップ・フランツが建築家バルタザール・ノイマンに設計させたバロック建築の傑作とされる司教館を中心とした遺産。
この司教館はジョバンニ・バッティスタ・ティエポロの描いたフレスコ画などで知られている。

司教館

https://upload.si-p.net/img/1495277089_wurzburg-2.jpg
Residenz
ヴュルツブルクのレジデンツとも呼ばれる司教館
詳しく見る

Rosenbach Park

https://upload.si-p.net/img/1495277299_wurzburg-3.jpg
Rosenbach Park
詳しく見る

概要

登録国 ドイツ
登録年 1981年
登録基準 (i)(iv)
分類 文化遺産
その他の特徴 シリアルノミネーションサイト

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

29件のコメント