カルタゴ遺跡

カルタゴ遺跡について

チュニジアの地中海沿岸、首都チュニス付近にあるカルタゴ遺跡。
カルタゴは紀元前9世紀頃に フェニキア人が築いた、当時地中海を制した貿易都市である。
数次に渡るポエニ戦争でローマに壊滅させられたが、カエサルが植民都市として再建させた。
ビュルサの丘に作られた城塞や住宅跡から、カルタゴが高度な文明を有していたことが判明している。

The area of the hills

Land of the "Maison de la chasse au sanglier"

El Mbazaa Field

Land of the "Maison de la course des chars"

Land of the Roman house

Sector of Bir Messaouda

Magon District

Sector of Dermech Basilica

Sector of Bib Knissia Basilica

District of the punic ports and of the tophet

Zone of the entrance to the harbours

Basilica of Saint Cyprien

Land of the Roman houses of Amilcar

概要

登録国 チュニジア
登録年 1979年
登録基準 (ii)(iii)(vi)
分類 文化遺産
その他の特徴 シリアルノミネーションサイト / 古代都市

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

9件のコメント