コンドアの岩絵遺跡群

コンドアの岩絵遺跡群について

タンザニア中央部の大地溝帯「グレート・リフト・バレー」に接したマサイ崖の東側の斜面一帯に、約2,336k㎡という広範囲で点在するコンドア岩絵遺跡群。
少なくとも過去2,000年以上に渡って、150以上の岩窟住居内に描かれたこのロックアートは、芸術的価値も高い。
また描かれた内容は生活様式が狩猟中心から農耕中心へと変遷したことを如実に物語っており、また民族の宗教・風俗を窺わせるものでもある。

概要

登録国 タンザニア
登録年 2006年
登録基準 (iii)(vi)
分類 文化遺産
その他の特徴 壁画 / 先史時代 / 洞窟・カルスト

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

0件のコメント