シュコツィアン洞窟群

シュコツィアン洞窟群について

スロベニアの南西部、クラス地方にあるカルスト地形の洞窟群で、世界最大級の地下渓谷を誇る鍾乳洞である。
クラス地方という名称が「カルスト」の語源となったことで知られる。
1万年前より人が住んでいた形跡がみられ、洞窟内では寺院が作られていた。

概要

登録国 スロベニア
登録年 1986年
登録基準 (vii)(viii)
分類 自然遺産
その他の特徴 洞窟・カルスト

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

12件のコメント