スリランカ中央高原

スリランカ中央高原について

スリランカ南部寄りの中央高原し、ピーク原生自然環境保全地域、ホートン平原国立公園、ナックルス森林保護区からなる。
原生の山地雨林が残り、多数の固有種と、スリランカヒョウ等の絶滅危惧種が棲息していることで知られる。
「アダムスピーク」と呼ばれる各宗教の聖地が存在しており、複合遺産として推薦されていたが文化的価値を認められるに至らず、2010年に自然遺産での登録となった。

ピーク自然保護区

ホートン・プレインズ国立公園

ナックルス森林保護区

概要

登録国 スリランカ
登録年 2010年
登録基準 (ix)(x)
分類 自然遺産
その他の特徴 シリアルノミネーションサイト / 森林 / 国立公園 / 固有種 / 絶滅危惧種

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

1件のコメント