イグアス国立公園

イグアス国立公園について

イグアス国立公園という名の世界遺産は二つ(ブラジル側・アルゼンチン側)存在する。こちらはアルゼンチンの国境に位置する国立公園である。
80mもの落差を誇る有名なイグアスの滝を擁し、雄大な自然美を見せつける。登録面積はブラジルの方が大きいが滝の数はこちらアルゼンチン側の方が多い。また「悪魔の喉笛(ガルガンタ・デル・ディアブロ)」と呼ばれる観光スポットはこちらアルゼンチン側である。
86年のブラジル側の登録に先駆けて、1984年にこちらが登録された。

概要

登録国 アルゼンチン
登録年 1984年
登録基準 (vii)(x)
分類 自然遺産
その他の特徴 / 国立公園

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

17件のコメント