アントニ・ガウディの作品群

アントニ・ガウディの作品群について

スペイン東部・カタルーニャ地方のバルセロナに位置する、建築家アントニ・ガウディの一連の作品群。
同地方で起こった芸術運動モデルニスモを代表するガウディの作風は晩年の芸術家や建築家に多大な影響を与えた。
1984年に世界遺産登録された際の物件はカサ・ミラ、グエル公園、グエル亭であり、2005年の追加登録でカサ・ヴィセンス、カサ・パトリョ、コロニア・グエル聖堂、及びサグラダファミリアの一部が加えられた。
サグラダ・ファミリアは現在も建設中であり、完成している「地下聖堂」と「誕生のファサード」のみが登録されている。

グエル公園

https://upload.si-p.net/img/1529401052_park_guell.JPG
Parque Güell Barcelona, Catalonia, Spain
元々ブルジョワ階級向けの庭園住宅になる予定だったが、建設開始当初60軒建てる予定だった住宅が3軒しか売れず、ガウディとパトロンのグエル伯爵の夢は破れた。その後60軒の家は未完のまま市に買い取られ、公園に。
詳しく見る

グエル邸

https://upload.si-p.net/img/1529400865_guel.JPG
Palacio Güell Barcelona, Catalonia, Spain
ガウディの初期作品の中でも傑作とされる。また、この建築物は彼の手によって完成されその後も大がかりな改修・改装工事が行われていない為、ガウディの作品をほぼ当時のまま感じられる数少ない建物である。
色鮮やかな煙突が立ち並ぶ屋上は、20本ある煙突のうちレンガ製が元々のもで、トレンカディスのカラフルな煙突は後年に修復されたもの。
詳しく見る

カサ・ミラ

https://world-heritage.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/img/1493764650_imgF1492863975_31860075625_9f7874b91f_c.jpg
Casa Mila Barcelona, Catalonia, Spain
(1906-1910)
実業家ペレ・ミラと妻ルゼー・セギモンの邸宅として建設される。
現在も一部は住居として使われているが、内部を見学することもできる。
詳しく見る

カサ・ビセンス

https://upload.si-p.net/img/1529401808_casa-Vicens.jpg
Casa Vicens Barcelona, Catalonia, Spain
ガウデイが作った最初の家として知られるカサビセンス。
当初の流行だったオリエンタルやイスラム文化のスタイルを組み合わせた独特の建築様式。
詳しく見る

サグラダ・ファミリアの誕生のファサードと地下聖堂

https://upload.si-p.net/img/1496635364_sagrada-familia.jpg
Nativity Façade and Crypt of the Sagrada Familia Barcelona, Catalonia, Spain
生誕のファサードは日本人、外尾悦郎が手掛けた。
詳しく見る

カサ・バトリョ

https://upload.si-p.net/img/1524573162_casa_batllo.jpg
Casa Batlló Barcelona, Catalonia, Spain
(1904-1906)
1877年に建設された、シンプルな建物を54歳のガウディが改装に着工。
各部屋には特徴的な曲線デザインが施され、その曲線を特徴とするモデルニスモの顕著な作例として登録される。
詳しく見る

コロニア・グエル教会地下聖堂

https://world-heritage.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/img/1493764668_imgF1492864157_5232195836_670e4e7c85_z.jpg
Crypt at the Colònia Güell Santa Coloma de Cervelló, Catalonia, Spain
詳しく見る

概要

登録国 スペイン
登録年 1984年
登録基準 (i)(ii)(iv)
分類 文化遺産
その他の特徴 シリアルノミネーションサイト / 建築

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

28件のコメント