モシ・オ・トゥニャ/ヴィクトリアの滝

モシ・オ・トゥニャ/ヴィクトリアの滝について

アフリカ南部、ザンビアとジンバブエの国境を流れているザンベジ川の中流に位置する滝で、世界三大瀑布のひとつ。
幅は約1700m、落差は最大150mにも達し、遥か遠くからも確認できる水煙は周辺を潤し緑豊かにしている。
1855年、探検家リビングストンにより発見されたこの滝にはイギリス女王の名がつけられたが、現地では「モシ・オ・トゥニャ(Mosi-oa-Tunya:雷鳴とどろく水煙)」と呼ばれていた。
現在も浸食により滝が上流へ移動している。

概要

登録国 ザンビア , ジンバブエ
登録年 1989年
登録基準 (vii)(viii)
分類 自然遺産
その他の特徴 トランスバウンダリーサイト /

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

13件のコメント