大地溝帯にある ケニアの湖沼群

大地溝帯にある ケニアの湖沼群について

ケニア中西部、グレート・リフト・バレーとも呼ばれる大地溝帯にある3つの連結した湖、ボゴリア個・ナクル湖・エレメンタイタ湖。
比較的浅く地下で繋がったこれらの湖はおよそ100種の渡り鳥の繁殖・休息地となっており、全世界の7割以上にもおよぶ150万羽ものフラミンゴの餌場となっている。そして13種の絶滅危惧種である鳥類生息地でもある。
また一帯にはクロサイ、チーター、ライオンなど数多くの哺乳類も生息している。

エレメンタイタ湖

https://world-heritage.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/img/1493764189_imgF1492861155_22178902715_709918f676_c.jpg
Lake Elementaita
詳しく見る

ナクル湖

https://world-heritage.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/img/1493764194_imgF1492861216_e831b90b2ffc003ed95c4518b7484f91eb7fe6d304b0154897f8c778a5ecb6_640.jpg
Lake Nakuru
詳しく見る

ボゴリア湖

https://world-heritage.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/img/1493764202_imgF1492861286_12248845294_b9ac89ed9c_c.jpg
Lake Bogoria
詳しく見る

概要

登録国 ケニア
登録年 2011年
登録基準 (vii)(ix)(x)
分類 自然遺産
その他の特徴 国立公園 / 絶滅危惧種 / 河川・湖

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

3件のコメント