ムツヘタの文化財群

ムツヘタの文化財群について

ジョージア(グルジア)東部の街であるムツヘタに残る歴史的な建造物群。
ここは紀元前4世紀に成立したイベリア王国の首都であった都市で、紀元後4世紀にキリスト教が伝えられるとイベリア王ミリアン3世によって国教とされた。その後建てられた3つの教会が登録範囲となっている。
アラグヴィ川近くの断崖に建つジュワリ聖堂、長い間グルジア正教の総主教座が置かれていたスヴェティツホヴェリ教会、ミリアン3世の墓が残るサムタヴロ教会・修道院である。いずれも中世のコーカサス地方を代表する宗教建造とされる。

スヴェティツホヴェリ大聖堂

Sveti Tskhoveli Church City of Mtskheta, Province of Mtskheta-Mtianeti,
詳しく見る

サムタヴロ教会・修道院

Samtavro Church and Monastery Province of Mtskheta-Mtianeti,
詳しく見る

ムツヘティス・ジワリ

Mtskhetis Jvari (The Church of the Holy Cross - Mtskheta) City of Mtskheta, Province of Mtskheta Mtianeti,
詳しく見る

概要

登録国 ジョージア(グルジア)
登録年 1994年
登録基準 (iii)(iv)
分類 文化遺産
その他の特徴 シリアルノミネーションサイト / キリスト教 / 建築

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

5件のコメント