ティカル国立公園

ティカル国立公園について

グアテマラ北部ペテン低地に位置する、9世紀頃まで栄えたマヤ文明の巨大都市遺跡。
現在は熱帯雨林の密林となっている地域に約3000の建造物群が残っている。これらはテオティワカンの影響を強く受けたものである。900年頃には人々はいなくなったと考えられており、後にスペイン人により発見された。
ア・カカウ王の墓が発見され、「ジャガーの神殿」とも呼ばれる1号神殿、「仮面の神殿」ともよばれる2号神殿など、他にも多くの遺跡が存在している。
1979年、複合遺産として登録された。

概要

登録国 グアテマラ
登録年 1979年
登録基準 (i)(iii)(iv)(ix)(x)
分類 複合遺産
その他の特徴 墓 / 廟 / 森林 / 国立公園 / 古代都市

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

2件のコメント