アンティグア・グアテマラ

アンティグア・グアテマラについて

グアテマラ・サカテペケス県の標高1500mほどの高地に位置するかつての植民都市アンティグア・グアテマラ。
入植後度々震災に見舞われてきたため、耐震性を高めた建造物が作られるようになった。
ラ・メルセー教会などの聖堂群や、神学校などが残っており、植民地時代の街並みが保存されている。

アンティグア・グアテマラ

Antigua Guatemala Department of Sacatepéquez,
詳しく見る

フィンカ・エル ポータル

Finca "El Portal" Department of Sacatepéquez,
詳しく見る

サン・バルトロメ・べセラ

San Bartolomé Becerra Department of Sacatepéquez,
詳しく見る

フィンカ・レテナ

Finca Retana Department of Sacatepéquez,
詳しく見る

シウダッド・ビエハ

Ciudad Vieja Department of Sacatepéquez,
シウダー・ビエハとも
詳しく見る

サン・ミゲル・エスコバル

San Miguel Escobar Department of Sacatepéquez,
詳しく見る

サン・ペドロ・ラス・ウエルタス

San Pedro Las Huertas Department of Sacatepéquez,
詳しく見る

サン・ファン・デル・オビスポ

San Juan del Obispo Department of Sacatepéquez,
詳しく見る

サン・クリストバル・エル・アルト

San Cristobal "El Alto" Department of Sacatepéquez,
詳しく見る

概要

登録国 グアテマラ
登録年 1979年
登録基準 (ii)(iii)(iv)
分類 文化遺産
その他の特徴 キリスト教 / 建築 / 旧市街・歴史地区

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

4件のコメント